2017/12/28

高松城の旅(香川県高松市)前編

 

思い通りに行くのが人生

「思い通りに行かないのが人生」

なんてことも多く書かれたり言われたりしますが、

やはり僕は気持ちの持ちようで

「思い通りに行くのが人生」

だと思います。

そのことが証明された(笑)のが高松城です。

妻の足の痛みが無かったら100%訪問していなかった高松城。

江戸時代から残る石垣や、松の木、手入れの置き届いた公園、

城内に入る前から期待で胸が膨らみます!

高松城は玉藻(たまも)城とも呼ばれ、

高松城一帯は「玉藻公園」として整備されています。

Wikipediaによると万葉集で柿本人麻呂が讃岐国(香川県)の枕詞に

「玉藻よし」と詠んだことに因み、高松城周辺の海域が

玉藻の浦と呼ばれていたことに由来するとされているそうです。

へ〜そうだったんだ〜!

入城口

とっても分かりやすい案内図

負傷兵を抱えながら城の奥へ

このお城のお堀は海水です。

鯉ではなく「鯛」のえさやり体験!

しかもガチャガチャに入っていますよ!

天守台の近くから撮影。

ここには天守閣復元イメージもありました。

少し寄り道をしましたが、今日のメインエベントへ向かいます。

城舟!!

ここが受付です。

大人500円で20分くらいの乗船が出来るのはかなり嬉しいですね。

妻の足の痛みがひどく、旅程変更すると決めたとき、

歩かなくても二人で楽しめるものを必ず見つけるぞ!という気持ちで

変更先を探していたら、ここ高松城にはお堀を遊覧する舟があることを発見。

これなら舟の旅も楽しめ、何より歩かずにお城を見られるし、

歩道からでは見られない景色も堪能出来て素敵な体験になるのでは?

と思い高松城に決定したのです。

舟旅に出発!

出発したばかりなのに、

この時点で僕のテンションはかなり上がっていました(笑)

いや〜素晴らしい光景が見えて来ました!

陸上からでは決して見られない舟アングルの「鞘橋」(さやばし)です。

天守台もこんな角度で撮影出来てもうたまりません!

乗船料金には舟からの鯛にえさをやる体験まで含まれていたので、

舟と一緒に鯛もお供してくれています(笑)

石垣に超接近!

もう石垣にぶつかるんじゃないか?という所でも撮影が出来ました。

湖面すれすれからの景色は楽し過ぎます!

鯛たちもはしゃいでいるのかな?(笑)

天守台を背後にして水門(舟の乗り場)方面の風景。

鞘橋(さやばし)の下から見える琴平電鉄の車両。

これだって、舟からだから撮れる写真です。

舟の上で自撮りツーショット。

自撮りしていたら船頭さんが「撮りますよ!」

と言ってくれたのでお願いしました。

人に撮ってもらうと背景もたくさん入って、

自撮りとは違う味が出て素敵ですね!

そして、舟旅も終わりです。

今回の旅はきっと「旅の神様」がいてくれて、

高松城に行った方が予定したところよりもきっと楽しめていいよ!

と教えてくれたんだと思います。

妻の足が痛いのは本当に可哀想で申し訳無いが、

足が痛くなってくれてありがとう!と言いたいくらいに

素晴らしい舟体験が出来ました。

足が痛くない時に高松城に来ていても、

僕の性格からしたら、きっと舟には乗らなかったはず。

妻には感謝しかありません!

今日の癒し

舟に置いてあったうちわ。

船頭さんが「このうちわを天守台の上にかざしてみて」

と言われやってみたら、即興の高松城が完成です(笑)

こんなユーモアを提供してくれる城舟に心から癒されまくりでした。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください