2017/10/16

徳重(とくしげ)神社(鹿児島県日置市)

 

妙円寺(みょうえんじ)詣り

鹿児島県の三大行事の一つである妙円寺詣り。

読めば、お寺にお詣りする行事だと思いますが、

さにあらず(笑)

お寺に詣ると言っているのに詣る先は何と神社なんです。

言う事とやる事が全く一致していないし〜!

例えて言うなら

会社に行くと言って映画館に行くみたいな、

友達の家に泊まると言って彼氏の家に泊まるみたいな、

アメリカに行くと言って、フランスに行くみたいな、

月に行くと言って火星に行くみたいな…?

そんな、もやもやする鹿児島県を代表するような行事っていったい何なんだ?

という思いが僕の徳重神社との関わりの始まりです。

「妙円寺詣り」とは何か?

少し長くなりますが、こんな実話から来た行事です。

1600年、関ヶ原の戦いにおいて西軍に味方し負けた薩摩軍は

西軍が崩壊し敵だらけの戦場から脱出する際に、敵に背中を見せて逃げ戻るのではなく、

東軍の総大将、徳川家康の陣地の近くを通り、

家康の四男松平忠吉はじめ、井伊直政、本多忠勝ら家康の精鋭部隊と戦い、

前進しながら撤退するという離れ業を成功させ、

指揮官だった島津義弘は鹿児島まで帰り着きました。

その時、薩摩が取ったのが「捨て奸(すてがまり)」という戦法で、

本隊を逃がす為に、兵士たちは、相手側を向き立ち止まり、

座って鉄砲で撃ち、鉄砲を打ち尽くしたら刀で戦い、

自分が死ぬまでその場所から一歩も下がらない壮絶な戦法で、

この「死に役」を所々に置いて、敵が手こずっている内に本隊を逃がすというものです。

この島津義弘はじめ、薩摩藩士の勇猛さ極まる偉業を忘れず、忠孝に励もうという思い、

関ヶ原を忘れず、精進しようという考えから、鹿児島市内(照国神社)から島津義弘の菩提寺である

妙円寺までを歩いて詣るという行事が出来たそうです。

しかし、その妙円寺は、明治維新後、神仏分離令により廃仏毀釈の憂き目にあって

廃寺とされ、その跡地に徳重神社が建立されたのでした。

だから、気持ちは「妙円寺」現実は「徳重神社」にお参りするという

事態になったのが「妙円寺詣り」なのです。

あ〜説明が長かった〜(笑)

徳重神社へ

日置市伊集院(ひおきしいじゅういん)町にある徳重神社。

ここが妙円寺詣りで賑わう境内か〜

と思いながら静かな参道を進みます。

手水舎には当然のごとく丸十マークが。

八角形の手水鉢は珍しいですね。

先ほど書きました妙円寺詣りの意義が、詳し〜〜く書かれていました。

と、そのとき、いきなり歌が流れてきたのです!!

な、なんだ〜?

その正体はこのスピーカーと人感センサーです。

「妙円寺詣りの歌」

この歌を歌いながら20キロ歩くそうです。

まさか、ずっと歌い続けているわけでもないだろう

と思っていたら

この歌、何と二十二番までも歌詞があるのです!!

だからスピーカーの歌もいつ終るとも知れないもので、

僕たちが参拝している最中のかなり長い時間流れていました(笑)

歌に圧倒されながら(笑)参拝。

丸十マークの賽銭箱に○円を入れて先人の遺業に思いを馳せ…

いや自分のお願いをしてしまったかも知れません(笑)

御朱印が貰えればと思い社務所を尋ねましたが誰もいませんでした。

こちらは本殿。

Wikipediaによるとご神体は

精矛厳健雄命(くわしほこいずたけをのみこと)(島津義弘のことです)の

出家姿の木像とあります。

しかし、この木像は廃寺になった後、

別の土地に再興された「妙円寺」にあるそうで、

妙円寺のサイトには「ご神体はこちらです」という

案内があったので、そこにも参ろうとカーナビに入れたのですが

住宅街をぐるぐる回ってしまい、

遂に発見出来ず、またの機会に行く事にしました。

そして、いつものツーショットも忘れません(笑)

この後、神社の周辺を散策。

島津義弘が83歳で亡くなった時、殉死を禁止されていたにも関わらず

13名の薩摩藩士が主君の後を追って殉死しました。

その地蔵塔の案内文が書いてある碑です。

こちらが13ある地蔵塔。

妙円寺だったころに建てられたものです。

島津義弘という人はこんなにも慕われていたのですね…合掌

そして、廃仏毀釈の名残も散策しました。

捨てられた仁王像。

今は、ちゃんと立てられています。

こちらは馬頭観音像。

廃仏毀釈が激しかったと言われる鹿児島で、

よくも砕かれずに残っていたものです。

裏山の墓石

こちらも妙円寺時代からのものと推測される墓石群。

明治初期に吹き荒れた廃仏毀釈という時代の嵐にも生き残っていた墓石たち。

長くここにいて欲しいものですね。

今日の癒し

拝殿で風に吹かれる紙垂(しで)

夏の心地よい風が僕たちの心を癒してくれました…

あっ!僕が撮影する姿もガラスに写っていますね(汗)

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください