ベーカリーカフェSANDO(鳥取県大山町)

 

大切なのは自分が楽しむこと

モンベルと言えば、

アウトドア用品を買う機会が

ほぼ皆無の僕でさえも知っいる

全国規模の

アウトドア総合メーカーですが、

モンベルが手掛ける大山参道市場の

ベーカリーカフェSANDOで食事したことで、

初めてその代表者の事を知りました。

モンベル創業者で現在も

代表取締役会長をされている

辰野勇氏について、

Wikipediaによると

「日本の登山家、冒険家、カヌーイスト。

登山用品メーカーの

株式会社モンベル(mont-bell)の

創業者であり、現在は会長を務める」

「中学時代に岩壁登攀

(がんぺきとうはん)を開始し、

1967年には前穂高岳の屏風岩を登頂。

少年時代の頃より、ハインリッヒ・ハラーの

アイガー北壁登攀記

『白い蜘蛛』に感銘を受け、

以来、青春期を山一筋に過ごすとともに、

登山に関係したビジネスを興す夢を抱く」

「1969年に中谷三次とともに

アイガー北壁に挑み、

当時の世界最年少での登頂に成功した。

1970年には日本初の

クライミングスクールを開く。」

「ある冬の登攀中のビバークで

粗悪品の手袋をしていたことで

凍傷になり、

より高機能で安全性の高い

装備の必要性を痛感。

自ら開発することを決意し、

1975年にモンベルの創業にいたる。」

これを読んだだけで、

このお店で買いたい!

という衝動に駆られます(笑)

最初に商売ありきではなく、

好きを追求した先に、

まずは自分が楽しく、大いに喜び、

そして、多くの人にその楽しみと喜びを

共有してもらえる場が出来た結果が

モンベルなのですから。

トイレ使用のお礼(笑)

大神山神社に行く前、

僕たちはここで

トイレを使わせていただきました。

店外にある素晴らしく

清潔なトイレです。

お陰で漏らさずにすみ(笑)

その恩義を感じていたのも

ここで食べた理由の一つです。

大神山神社に行く前に撮影した

大山参道市場。

僕たちが入ったカフェは、

建物の右端です。

店内へ

大山寺のお坊さんがやってる

天狗茶屋の「禅バーガー」

気になったものの初志貫徹(笑)

モンベルさんのカフェへ。

まずは、メニューを物色。

ここから入店。

山小屋風でお洒落な店内。

お昼にはまだ早いのもあってか、

僕たち二人だけの独占です。

天井は高く開放感があふれ、

オープンキッチンも

景色の一つのように見えますね。

席から見た参道。

向かいに見える

「権現だんご」の看板が

気になり、買わなかったものの

後でネットで調べると

ちょっと後悔。

めっちゃ美味しそうなんですから!

気になったらとにかく

行ってみないとですね(笑)

料理

待つこと10分ほどで料理は完成。

妻は、「大山ドッグロールプレート」。

僕は「ビーフシチューバスケット」。

二人共、

大変美味しくいただきました!

大山で、神社とお寺だけじゃなく、

トイレのご縁が実を結び(笑)

美味しい料理まで堪能出来たのは、

予想外のこと。

いつもながらにラッキーな僕たちです。

今日の注目

カフェ近くの大山寺郵便局に注目。

参道に建っているだけあって、

デザインや配色もいい感じですね!

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください