和歌山~博多へ(令和3年晩秋旅)

 

旅の終わりに・・・

今回旅した和歌山は、

やはり高野山に尽きます・・。

高野山に行く前の自分と、

訪問後の自分は、

人生観が変わったほどですから・・。

見えないものを

信じる心が無限大に広がり

自分や世の中を

今までよりも高い位置から

俯瞰出来る様になったことで、

リラックス出来るコツが掴め、

生きるチカラも向上した気がします。

勿論、日々あくせくはしますけどね(笑)

何回か書きましたが、

その根源は、高野山に行った後に、

妻と僕に起きた不思議な出来事です。

現世では見えないものや

この世とは違う世界と繋がる妻、

時々そのご相伴に預かれる僕。

この体験は宝物以上です・・。

高野山、

「行くべき時」に参拝すれば、

人生観は変わるかも知れませんよ!

(妻は何の変化も無しです・・笑)

和歌山駅~新大阪

高野山の麓、

宝来山神社から車で約50分、

JR和歌山駅に到着です。

まずは自分達用土産探しへ。

ここでお土産GET。

中身は後で公開します(笑)

和歌山駅のホーム。

超親切で分かりやすい表示に

思わず感動して撮影!

「PLEASE LOOK」

外国人ならぬ日本人でも

思わず見てしまいますね。

和歌山駅18:50発、

くろしお32号の入線。

窓が大きく開放的な車内。

ここで、お土産の撮影会開始(笑)

「紀州南高梅・わけあり」

「少しのキズや皮切れがあり、

高級品にあと一歩及ばなかった

梅干しです」

このように書かれています。

素晴らしいじゃないですか!

これだから僕達でも

口の中に入れば高級品と

全く変わらなくなる梅干しを

買えたのですからね!(笑)

こちらは、紀州金山寺味噌。

梅干しも味噌も

大変美味しくいただきました!

和歌山から約1時間、

新大阪駅に到着し、

くろしお号とはお別れ。

新大阪~博多へ

新大阪からは新幹線で博多へ。

僕達が乗るのは、20:18発、

さくら573号熊本行き。

さくら号の長いお顔を撮影。

2+2でグリーン車並の

豪華シートは超快適です。

そして、お楽しみ、

夕食のお時間がやってきました!

僕は特製幕の内御膳。

関東・東海・関西の味が

一同に介しています。

妻はハムタマゴサンド。

美味しくいただき、

お腹もいっぱいになり、

後は寝るだけ・・・

なのですが、

終着駅ではなく、

途中の博多で降りる僕達は

「寝過ごせない」という

緊張感もありつつ(笑)

さくら号の旅を楽しみました。

今日のあるある

新大阪駅のエスカレーター。

最近、エスカレーターは、

「歩かないようにしましょう」という

啓蒙活動が盛んですが、

大坂の「左を開ける習慣」というのは、

今もしっかりと根付いていました。

でも歩く人がいないのは、

啓蒙活動の賜物かも?(笑)

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください