2017/12/28

萩駅の駅舎(山口県萩市)

 

待ち時間の楽しみ

昨日、長門市駅での待ち時間は素晴らしかったと書きましたが、

ここ萩駅でバスを待つ時間も萩散策の前菜みたいに

大変美味しゅうございました(笑)

萩駅の駅舎内散策

萩駅に着いて分かったことは、ここが無人駅だということ。

これだけ立派な駅舎があって、有名な観光地なのに

無人駅とは少しビックリしました。

しかし昔の国鉄と違いJR西日本は民間企業ですから利潤追求のため

合理化を徹底するしかないのは

利潤追求が出来なかった(汗)僕だから良くわかります(笑)

改めて萩駅の全景。

何度見てもロマンを感じさせるデザインですね!

そして、萩駅の向かって右側半分以上は

「萩市自然と歴史の展示館」となっていました。

入口

説明によると大正14年(1925年)に開業したそうで、

今から100年近くも前のものなのですね。

そして、こちらは長州ファイブの案内。

伊藤博文はじめ蒼々たるメンバーです。

それにしても明治維新の時にはこの長州といい、薩摩といい、

関ヶ原の戦いで西軍について辛酸をなめた藩の出身者が

多く活躍しているのは江戸時代270年くらいのあいだ

ずっと関ヶ原の教訓を子々孫々伝えていたからなのでしょうか?

鹿児島(薩摩)には「チェスト関ヶ原」(関ヶ原の負け戦を忘れず精進しよう..みたいな意味)

として、江戸時代から続く行事に、

鹿児島市内から島津義弘の菩提寺である妙円寺まで

往復40キロほど歩く「妙円寺参り」が今でも行なわれていますが、

山口(長州)にも何か行事があるのかな?

なんて内容が萩駅から脱線状態になってきました(汗)

話しは萩駅に戻って駅舎内はこんな感じです。

柱の大時計が雰囲気をもり立ててくれますね!

展示物も多々ありますが、その一部をご紹介します。

江戸末期の城下町絵図。

先ほどの「城下町絵図」がそのまま使えるほど160年もの間

萩の町並みは変わっていないそうで、

「まちじゅう」が屋根の無い広い博物館のような「まち」

だから「まちじゅう博物館」と呼べるそうです。

確かに萩市内は昔を感じさせる町並みや建物が多いですね。

この案内図も含めて僕が感じたのは、

ここは江戸時代から海岸線が変わっていないことです。

多くの都市は埋め立てなどで、昔は島だったところが内陸になっていたり

昔の面影は消えていますが、萩はそうではありません。

これは凄いことだな〜とまたもや感心。

そして、僕らの世代にはめっちゃ懐かしいポスターが!

DISCOVER JAPAN(ディスカバージャパン)

これは50年近く前の国鉄(今はJR)のキャンペーンで、スタンプ帳も発売され

小学生だった僕も旅した駅で「DISCOVER JAPAN」のスタンプを集めていましたよ。

このポスターで、走馬灯のように国鉄のキャンペーンが頭に蘇ってきました。

この後、国鉄のキャンペーンは「一枚のキップから」、

次は今も新幹線車内のオルゴールで流れる山口百恵の「いい日旅立ち」

そして、郷ひろみが「二億4千万の瞳」で「ジャパン!」の代名詞?になった

「エキゾチック ジャパン」と続いて行ったな〜。

あ〜懐かし!

萩駅でこんなものに出会えて鉄道少年もどき(笑)だった昔の僕に

タイムスリップした気分になれました!

「ひかりは西へ」

これも懐かし過ぎですね!

新大阪から岡山までが開通した時のキャッチフレーズ、

今でもよく覚えています。

そんな郷愁にひたってホームに出てみるとこんなものが。

JR西日本渾身の力作である最新鋭クルーズトレイン、

TWILIGHT EXPRESS 瑞風(みずかぜ)を歓迎する横断幕が!

ここ萩は瑞風の山陰コースの観光地になっていて、

松下村塾、松陰神社や萩焼の窯元めぐりなどがあるようです。

いつかは乗ってみたい瑞風、

いつかは…いつになるかは..いつかわかるのか?

DISCOVER JAPANで小学生の頃にタイムスリップした僕ですが、

瑞風で瞬時に58歳に戻り、

そして、萩駅前のバス停にいました(笑)

1時間に2本あるコミュニティバスがとても便利です。

料金はどこまで乗っても一回100円と超破格値!

お金が無い僕たちの財布に優しい料金設定で、

早速萩市からの心暖かいおもてなしを味わいました(笑)

とっても分かりやすい路線図と時刻表。

色分けしてあり、文字も大きく老眼まっしぐらの僕には

本当に助かります。

そして、来ました「まぁーるバス」(コミュニティバスの愛称です)

これに乗って「萩市城下町入口」へレッツゴー!

今日の癒し

展示館にあった昔の萩駅の写真。

僕たちが見た萩駅と変わらない姿に癒されました〜!

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください