2017/12/17

耕三寺(こうさんじ)(広島県尾道市)

 

旅サイトの情報は自分の感性で吟味する

今回の旅で唯一、僕の肌にはあまり合わなかった

と思うのが、耕三寺というか、耕三寺博物館です。

食べ物でも嗜好はあって当然ですから

これはある意味仕方がないことですよね。

確かにお寺ではあるのでしょうが、

「耕三寺博物館」と書いてあるサイトも多く、

このお寺を作った方が、自分の母の菩提寺にと

各地の国宝建築物を模したものが

いくつも建てられているところで、

重要文化財の仏像などもあり、

もちろんここを作った方の母への思いというのは

尊いし素晴らしいものであるのは間違いありませんし

個人の価値観や感性が違いますから

あくまでも僕だけの素直な気持ちです。

旅行会社は観光地の良いところを書きますから

常に「ここは素晴らしいですよ!行ってみなはれ!」

となります。

僕は、耕三寺が「普通の寺院」と思って訪問しましたが、

やはり旅行会社の「行ってみなはれ!」に

乗せられていたのは間違いありません。

自分の感性で吟味するのは大切なことだと思いました。

耕三寺へ

多々羅大橋のたもとで景観を堪能した僕たちは

その多々羅大橋を渡り、四国から広島県尾道市に戻ってきました。

そして、行ったのが耕三寺です。

ここが境内入り口。

何かの国宝を模した門なのでしょう…

バリアフリーになっていて車椅子でもOKです。

やはり博物館ですね(笑)

門を振り返ってみるとこんな感じです。

見どころはたくさんあるようですが、

この時点で僕の気持ちは?になっていました…

「手洗い水」「この水は飲めません」

との立て札があります。

お手水の作法だと水を口に含みますので、

飲む可能性はあります。

ですからこの文言一つを見ても

僕の気持ちは下がってしまいます…

手だけ清めた僕たちは階段を上り

本堂のある敷地に向かいます。

階段を上って振り返った景色。

どこかの五重塔を模したものでしょうか。

中は博物館ですが、外観だけの見学でした。

日光東照宮の陽明門を模した楼門。

楼門をくぐって本堂近く。

本堂。

平等院鳳凰堂を模したものです。

救世観音大菩薩像

法隆寺のご本尊を模して建てられたものです。

ここからさらに進むと、

およそ寺とは違う世界に入り込みます。

「未来心の丘」

少し近寄ってみましたが、

もはやこれ以上歩く気力が失せた僕は

ここから引き返しました。

この丘の全体図がありました。

この丘の作者は新尾道駅前のオブジェを作った広島県出身の

有名な作家さんですから、その「作品」として楽しめる人ならば

規模も大きくて、とても良いものだと思います。

そして、その横にはこんなものが…

僕たちが訪問したのは平成28年3月。

来月からは二人で2800円の入場料なんだ…

価値観は人それぞれ千差万別ですから

ここが素晴らしいと感じる人、

これだけ色々見られれば入場料は安いと感じる方も

多くいるはずです。

今日の気付き

耕三寺には駐車場がありません。

近くの駐車場は一回500円が相場。

手作り感満載、しかも無人です(笑)

料金は…ちゃんと入れましたよ!(笑)

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください