2018/01/28

川古の大楠(佐賀県武雄市)

 

佐賀県最大の巨樹

インプットよりもアウトプットすることによって

得られる知識が多い事に気づいた今日この頃

「かわこ」ではなく「かわご」の大楠なんだという事

このブログを書いていて調べて知りました(笑)

今回の旅では一日で10本近くもの巨樹を訪問し、最後がこの川古の大楠になります。

最大だから最後にとっておいたのでは無く、

旅の行程上これが「一筆書きルート」として最良だと考えたからです。

しかし結果的に、ラスボス(大楠に敬意をこめての表現)にふさわしい

キャラ設定が出来たと自負しています(笑)

川古の大楠公園へ

大楠がある場所は、武雄市とは言え、市町村合併で武雄市になった地域ですから

武雄市内中心部から行くと車で20分くらいのドライブとなります。

ここの大楠は「川古の大楠公園」として綺麗に整備されています。

テレビアニメ「サザエさん」のオープニングで出ていた「川古の大楠」を初めて見ました。

今、改めて写真を見ると、素晴らしい大楠だな〜と思いますが、

訪問した時には、周囲があまりにも整備され過ぎ感と

今まで自然や神社境内の中にそびえ立つ大楠ばかり見て来たのも相まって、

この大楠の良さが伝わって来なく

そんな気持ちになるとそれは即、写真の枚数に直結して、

日本4位か5位の大きさの楠にしては撮影枚数が少なかったです。

この案内によると樹齢3000年とありますので、

この樹は縄文時代に誕生したということでしょうか。凄いですね!

そして全国で5番目に大きい(大きいの定義は幹の太さ)となっていますが、

僕が調べたものでは、福岡県築上郡「本庄の大楠」と同じ大きさで4番目となっているか、

本庄の大楠に次いで5番目かという位置づけが多いようです。

謙虚な佐賀県なのかも?(笑)

冊ではなく植木によって近づけないような配慮がしてあります。

奥の建物はお土産やさんです。

こちらからだと樹のシルエットで荘厳さを増す感じですね!

根元には社があります。

その名も「楠森稲荷大明神」

この大楠自体がご神体になっているからこその名前ですね。

このお堂には1200年前に行基という僧が楠に彫ったという

幹彫りの観音像が祀られています。

平安時代にはすでに樹齢1800年にもなっていたのという事か〜!

そして、ここには社(やしろ)と供養塔らしきものがあります。

調べてみると戦国時代に川古合戦という戦いがあったそうで、供養塔はその時に

建てられたもののようでした。

そして、ここで、新たな発見が。

巨大な「避雷針」が立てられていました!

避雷針実装の楠は初めて見ましたし、

公園としてきちんと整備されているからこその成せる技かも知れませんね。

そして、佐賀県の悲劇として忘れられない

「塚崎の大楠落雷事件」(勝手に事件にした)という

過去の教訓からもこの避雷針を装備することになったのかも知れません。

僕の妄想はどんどん膨らんで、佐賀のバルーンフェスタの

バルーンくらいの大きさになっております(笑)

最後はいつものツーショットで完了。

そしてこの日の佐賀旅行も完了…いや「おうちに帰るまでが遠足」ですからまだ未了(笑)

今日の癒し

明治の俳人、青木月斗(あおきげっと)がここを訪れたときに呼んだ句と書

つい「福明りGET!」に読めてしまうところ(笑)

それにしても大楠からの木漏れ日を

「福明り」という言葉で表現する感性が素晴らしいですね。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください