恵比寿~熊谷(令和4年5月)

 

幸運を導いたのは・・

今回の宿泊地は、

埼玉県熊谷(くまがや)市。

僕たちはここで、

予想外の幸運をいただきました。

パッケージツアーに入っていた

スマイルホテル熊谷にチエックインする時、

フロントのお姉様から

「身分証明書があれば、

3千円のクーポンをお渡し出来ますので、

免許証とかございますか?」

と言われたので、一瞬、

飲食店の割引券でもあるのかな?

なんて思ったら、

「これで3千円分何でも買えます」

とのお言葉が!

これはラッキーと思った瞬間、

「お一人3千円なので

お二人分で6千円になります」

そうおっしゃるではありませんか!

そしてめでたく、

「とくとく埼玉!観光クーポン」をGET。

もはやフロントのお姉様のお顔は

女神様に変身していました(笑)

二人して、たまたま埼玉に泊まって

良かったね~と、おおはしゃぎ(笑)

こんな幸運を貰えたのは、

何かあるはずと感じ、記憶を辿ると・・・

ありました!

熊谷で有名な人と言えば、

一ノ谷の戦いで、平敦盛を討ち取った

熊谷直実(くまがいなおざね)。

昨年僕たちは、高野山奥の院で、

平敦盛のお墓(供養塔)を参拝。

その時、お隣に建つ熊谷直実のお墓にも

自動的に(笑)お参りしていたのです!

そして、その旅の後には

不思議なことも起きていますし、

ここで起きた幸運は、

偶然のお参りとは言え、

熊谷直実さんのお導きという事で

間違いないでしょう。

直実さん6千円をありがとう!

恵比寿から熊谷へ

雨が降った事で、

江戸城の石垣を濠から眺めようと

予約していた船が欠航した為

旅程を急遽変更し、

恵比寿・思い出巡り」を実施。

結果、

恵比寿の町を堪能できた妻は、

もう大満足でテンション爆上げ(笑)

雨が降り、船が欠航したことを

「ラッキー」と思えるなんて、

なかなか珍しいことでしょう(笑)

そして恵比寿からは、この日の宿泊地、

埼玉県の熊谷駅を目指します。

恵比寿駅東口からホームへ。

恵比寿から熊谷までは電車で一本。

妻は車窓から渋谷の町を見て、

さらにヒートアップ(笑)

途中、座れたので

1時間の旅も超快適。

熊谷駅到着。

駅名の看板は、

「熊谷うちわ祭り」をフューチャー。

そして、ホームから出て、

まずはお土産屋さんへ。

熊谷名物「五家寶」(ごかぼう)を購入。

おまけで4本いただき、

お店の方には感謝です。

熊谷駅南口側。

実は北口には、

熊谷直実の銅像があったことを、

このブログを書いていて知りました(汗)

「また、来てね!」

という直実さんのメッセージかな?(笑)

熊谷駅南口から徒歩1分、

明朝は早い時間から行動するため、

前日からレンタカーを借ります。

熊谷駅近くのイオンで、

酒盛りの準備完了(笑)

スマイルホテル熊谷に到着。

そして、冒頭に書いた、

「ラッキー」との出会いが(笑)

折りたたみ椅子が準備され、

二人分の酒席が準備できるのは

実に有り難し!

そして、

ここの利便性はベッド廻りのコンセント。

枕元に二つ。

反対側にも一つ。

ベッドだけで合計3つ、

他にも何箇所かのコンセントがあり

「電源命」(笑)の旅スタイルに、

完全にマッチしています。

もちろん快適な一夜を過ごせたのは

いうまでもありません!

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください