2021/08/19

新府城(山梨県・韮崎市)前編

 

武田勝頼

武田勝頼というと

武田信玄の跡継ぎで、

長篠の戦いにおいて、

織田信長の鉄砲隊に一斉射撃を浴び、

大敗を喫し、その後、

信長によって天目山で、

滅ぼされた武将くらいの認識でしたが、

日本城郭検定2級のテキストで、

武田勝頼が最後に居城とした

続日本百名城である新府城を知り、

武田勝頼さんに、

俄然興味が湧いてきたのです(笑)

というわけで、旅の二日目は、

松本から車で高速を使って、

山梨県韮崎市の新府城を目指します。

高島城

山梨に向かう途中に、

新府城と同じく、

続日本百名城で知った、

高島城が見られるかも知れないと、

諏訪湖サービスエリアに立ち寄りました。

諏訪湖畔に縄張りを持つ高島城は、

江戸時代を通じ、諏訪氏の居城で、

今回の試験にも出題された城なので、

なんだかご縁を感じています(笑)

カメラでの撮影は難しいものの

双眼鏡ではしっかり確認でき、

僕一人が大興奮(笑)

今回は時間がなくパスした高島城、

いつかは行きたいものです。

出構(でがまえ)

新府城で一番見たかった場所、

それは、「出構」と呼ばれる、

前線基地的な珍しい遺構です。

グーグル先生に

新府城の駐車場をお願いすると、

僕の気持ちを分かってくれたのか、

東出構の直ぐ側の駐車場に

案内してくれました。

駐車場に建てられた

新府城跡出構の案内によると

「出構は、城の外郭の一部を

長方形に堀の中へ突出させた

大型の土盛構造である。

東西に約110m隔てて

平行に二本(東出構・西出構)が

築かれている。

城の裾に沿って掘られた堀は

幅約7m、深さ2.5mの

断面逆台形をした箱堀で、

その外側には湿地帯が広がり、

深い堀と湿地帯を含め

防御施設となっている。

出構は新府城のみにみられる施設で、

鉄砲陣地とも堀の水位を調節するための

ダム的な施設ともいわれるが、

その機能は解明されていない。」

このように書かれています。

東出構

まずは、駐車場の目の前の東出構へ。

草が僕の膝~腰あたりまで

かなり伸びていますが、

そんなことは気にせず、出構へ。

正面から撮影。

外から中へ登ってみます。

出構の中。

東出構から外の景色。

湿地帯や堀があったからと言っても

ここで信長の大軍を防ぐのは

難しかったでしょう・・・。

東出構から西出構えを臨む。

動画でも撮影。

西出構

次は西出構そ散策。

今度は外からではなく、

城内を通って、西出構へと向かいます。

西出構到着。

駐車場の案内と同じ内容が

要約されています。

城内から見た西出構。

土塁の上を平たくした位で、

東出構にくらべても半分ほどの

狭いスペースです。

「西出構と西側の堀」

案内を要約すると

「幅約20m、長さ約28m、

高さ2.5mの規模があり、

東側は一段低い幅5mの

平場が設けられています。」

「発掘調査では

次のようなことが分かりました。

1.出構は性質の異なる土を

ほぼ水平に積み上げて構築されていたこと。

2.一段低い平場には拳大の大きさの石が

ほぼ一面に敷き詰められていたこと。

3.東西の出構の間には堀が作られ、

堀の端は出構の一段低い

平場の根元部分に2mほど食い込んで

掘られていたこと。

4.堀の中には少数ですが、

青磁や染付などの中国産の

陶磁器の破片が埋もれていること。」

このように書かれています。

東側の平場(埋められています)。

外側から見た西出構の平場。

西出構全景。

西出構遠景。

「東出構と西出構の間の堀」

案内には、

「新たに発見された堀の遺構は、

西出構と東出構の約120mの間に、

三箇所の折れをもって構築されており、

幅は6~7m、

堀底までおよそ2m前後の深さがある。

堀は南側が急傾斜となり、

北側上半分の傾斜は緩く20~30度、

下半部で45度前後の角度をもつ。

石積などの構造物はなく、箱堀で、

断面は二段の逆台形をしている。

この堀の北側には、

深田状の湿地帯が

広がっていたものと推定され、

それらを含めて新府城北側の

防御施設としたと考えられる。」

このように書かれています。

案内にある堀の写真を見ると、

北条氏が作った

山中城の障子堀のミニ版みたいです。

武田勝頼の継室は北条氏康の六女、

そんな関係から北条氏の技術を

教えて貰ったのかも知れないね~なんて

妻と話していました。

(全くの推測です)

最後に東西の出構を再確認(笑)

一番気になっていた出構を

十分堪能した僕たちは

これから本格的に、

新府城の攻城へと移ります。

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください