姫路城(2017年初詣の旅)(兵庫県姫路市)前編

 

元旦だから出来る旅

昨年(2016年)に引き続き、元旦は

普通列車の旅を選びましました。

しかし、今年は1泊2日の豪華版です(笑)

使ったのはこのきっぷ。

泣く子も黙る(笑)

青春18きっぷ〜!

普通、快速乗り放題で一日2.370円。

これを使って、元旦だから出来る旅程で

初詣の旅にでかけました。

古賀駅4:45発は元旦のみの運行で、

いつもの始発5:09とは24分の差。

この24分の差で、姫路駅到着時刻は

1時間ほど早くなり姫路城の天守に登れるか

登れないかの決定的な違いが出るのです。

姫路へ

福岡県の古賀駅から兵庫県の姫路駅まで、

列車を5回乗り換えて約10時間の旅。

古賀駅から日頃見慣れたステンレス車両で、

2017年初詣の旅がはじまります。

下関からはJR西日本の車両。

JR西日本の普通列車の座席は茶色基調の

柄も落ち着いた雰囲気でお気に入りです。

瀬戸内海から太陽が昇ってきました!

徳山近くで初日の出に遭遇(笑)

朝陽にに浮かぶ工場地帯のシルエットが、

何かいい雰囲気出していますね〜

今年も素敵な一年になりそう!(笑)

徳山駅に到着。

ここは乗換駅ではありませんが、

長めの停車時間を利用しホームで撮影。

JR西日本の車両は黄色とか赤色とか

九州では見られない色使が見られて

本州に来た〜!という気にさせてくれます。

最後の乗り換え駅、相生(あいおい)からは

こんなステンレス製ブルー基調の

近代的な車両になります。

山口〜岡山までは牧歌的な列車だったのが

一気に未来的車両に変わるのは

やはり兵庫県という

関西圏に入ったからなのでしょうか?

14:39姫路駅に到着!

長かったような、意外と早かったような、

車窓を大いに楽しめた10時間でした。

姫路駅を出ると一直線上に姫路城が見え、

それだけで、気分は高揚してきますね!

ここからはずっとお城を見ながら

歩いて行くという贅沢な時間です。

姫路駅近くからでもズームを使えば、

こんな感じの大迫力の姫路城です。

歩道には3カ国語で書かれた

姫路城案内図もあり、

観光客のおもてなしも素晴らしい姫路です。

そして、遂に来ました姫路城!

この桜門橋を渡り大手門を通り入城です。

お堀のはるか向こうには白鷺城と言われる

とても美しい天守閣が見えていますね!

桜門橋は平成19年の完成で、

大手門は昭和13年に建てられたそうです。

どちらも昔のものとは違うようですが、

お城の雰囲気に合っていて素敵ですね。

天気にも恵まれ青空の下、

僕たちは本丸を目指し

ここから進軍を開始です!(笑)

(後編へつづく)

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください