兵庫縣姫路護國神社(2017年初詣の旅)(兵庫県姫路市)

 

お城と神社

兵庫縣姫路護國神社は姫路城の

一区画の敷地に鎮座しています。

お城の敷地に神社が出来た例は全国に

たくさんあり、

広島城、久留米城、熊本城、中津城

岩門城、名島城、玖島城、

八代城今治城萩城など

僕たちが旅したお城だけでも

ざっとこれだけ思い浮かびます。

神社とお城が大好きな僕にとって、

これはとてもラッキーな

組み合わせと言えます(笑)

そんなラッキーの一つが

兵庫縣姫路護國神社と姫路城です!

兵庫縣姫路護國神社へ

僕は以前の神前結婚式の仕事で

二度ほど参拝したことがありますが、

妻は初めての訪問でした。

仕事で、僕だけしか行っていない神社が

日本全国にはまだたくさんあり、

出来ればその全部を妻との思い出に

書き換えたいと思っております(笑)

「しらさぎのみや」という

キャッチフレーズ?がついていますね!

先ほど姫路城で白鷺(しらさぎ)に

見送られたばかりの僕たちは

今度はしらさぎに迎えられたのでした!

こいつは春から縁起が良いわい♪

新年らしい装いですね。

ここから境内へ入ります。

酉年なので、鶏の絵馬もあります。

緑色の竹っぽい土台が

紋付袴の「袴」に見え、

その下の二本の棒が足に見えるのは、

以前僕たちが婚礼の仕事を

やっていたからなのでしょうか?(笑)

ここ、姫路護國神社の新年の特徴が

この献灯された多くの提灯です。

靖国神社をはじめとする全国の護國神社では

夏のお盆シーズンに「みたままつり」として

沢山の提灯で英霊を慰めることが多いですが

正月にこのような提灯は珍しいと思います。

護國神社の神紋である「さくら」

その桜がズラリ並んだ光景は壮観です。

英霊となり日本を見守ってくださっている

ご先祖の方々に

日本の象徴的な花である「桜」の提灯は

喜んでいただけそうですよね。

拝殿前の狛犬は青銅製のようです。

提灯のアップ+行列(笑)

この時間、(元旦の夕方)

参拝者はそれほど多くなく、

列に並んで参拝も出来ました(笑)

元旦からツーショット連発の僕たち(笑)

これで、参拝は完了。

帰路につくころ姫路城は

ライトアップ開始です。

姫路駅に戻ってみると、

なんかめっちゃいい雰囲気になっています!

この日、最接近するとニュースで言っていた

「月と金星」も見えていて、

姫路のフィナーレも最高ですね(笑)

姫路駅からうしろを振り返ってみると

くっきりと夜空に浮かぶ姫路城が

僕たちを見送ってくれていました!

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください